読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グルテンフリーと節約生活

いろいろと試してみたくなり、こんな事をやり出しました。。

西式を続けて

半年かな。

西式を続けてそろそろ半年になる。ここらで感想を書いておこう。私がやっている西式は一部だけで、平床、硬枕、金魚体操、簡単毛管運動。金魚体操と毛管運動ははっきりとした効果があり、これについては前回の記事にも書いた。そこで平床と硬枕について書いていこう。

 

平床と硬枕

まず平床だが、今は寒くて一時休止している。私の部屋はフローリングだが、そこにヨガマットをしいて、さらにその上に毛布のような敷きパッドを敷いていたのだが、寒くてかなわない。また、寝返りをうって横になっていた場合、下になった肩が圧迫され、上になっている方の肩甲骨の内部に痛みが出来てしまい、これがどんな姿勢をしていても痛みがありイラつく。運転をしているときも痛い。普通に座っているときも痛い。何をしても痛いのだ。唯一寝ているときだけ痛みがない。昨年末から普通の敷布団に戻した。敷布団のおかげで、肩甲骨の内部の痛みは徐々になくなっていき、今はもう治ってしまった。また、床に寝るのはかなり身体が痛い。上に向いて寝ている場合、腰~仙骨に圧力があり、ここが痛くなる。ヨガマットを敷いていてもそうなのだ。まあ、敷布団に変えたため改善された。

 

硬枕

硬枕は併用している。敷布団に戻したが、硬枕を使用しているため、これまた寝返りをすると、首が寝違えたようになり、首の(特に大椎辺りと思われる)痛みはなくならない。寝返りをうてばまた痛みが発生する。完全に寝違えているのではなく、若干痛みを伴う寝違え程度(わかるかな?)なのだが、今現在もその状態。硬枕は寝返りをうたないらしいが、それはない。私の場合、寝始めてから2時間くらいで痛みで目が覚める。そのときは横に向いており、硬枕には頭が乗っているので、その頭のあたっているところの痛みと、首の痛みで目が覚めるのである。そこでまたちゃんと首に当てなおし、再度眠るが、また2時間くらいたつとまた寝返りをしているので、やはり痛みで目が覚める・・。この繰り返しだ。そこで1ヶ月前くらいから、目が覚めたときに、普通の枕に戻して寝ていた。果たしてこれで効果があるのだろうか・・・。そういえば、甲田光雄先生も硬枕になれるのに2年かかった、と何かで読んだ。2年かよ・・・。それは無理かな、と思った。

 

えっ・・?

つい先ほど、別の記事で西式の初期の頃の内容が書いてあった。どうやら一晩中硬枕で寝る必要は無いようだ。1時間くらいでよいらしい。なんだ。それならOKだな。ということで、早速今晩から始めようと思う。敷布団で硬枕。寝返りで目が覚めたら普通の枕にチェンジ。その後はそのまま就寝。寒いうちはこれでいこう。

 

検証は続く。

 

 

 

広告を非表示にする

不整脈との関係は?

グルテンフリー続行中

グルテンフリーを続けている。身体の不調をなくしたいために、グルテンもその原因のひとつかと思い、やめたわけであるが、主な体調の変化といえば、下痢をしなくなったことぐらいだ。目覚めがよいのは、酒を飲まなかったからであり、次の日の体調が良いのは、早く寝たり、疲れたときは早く休むようにしたからである。なんだか普通で申し訳ないが、それくらいしか思い当たらない。もうひとつの不調は不整脈である。

 

不整脈

不整脈はもう10年くらいの付き合いだ。2年前くらいからひどくなってきた。「地震か!?」と思うと、自分が揺れていたりする。不整脈が強く現れるとき、心臓の鼓動に合わせて体が揺れているように感じる。少々息苦しい。ほぼ一日中、不整脈だ。この前の会社の健康診断でも指摘された。私のは心房細動というらしい。心臓そのものに欠陥は無く、心臓を取り巻く周辺神経が異常なパルスを出している、そんな感じなのだろう。その神経を焼き切ることで直るということだった。手術をしたくない私はなにか治療法方は無いものかと探っていたら、脊椎のゆがみに突き当たった。脊椎のゆがみが万病の元ということらしい。私の背骨は実はゆがんでいる。誰が見てすぐにわかるくらいにゆがんでいるのだが、医者としては問題ない範囲だそうだ。だが、不整脈と背骨のゆがみを考えると、原因はこれかと疑いたくなる。では背骨のゆがみを直すにはどうすればよいのか、とまた探ってみると、今度は西式療法に行き着いた。西式療法とは何かという説明は省く。それぞれ検索してみてほしい。たくさん出てくる。

 

西式療法を始める

というわけで、今は西式療法の「硬枕」と「平床」に取り組んでいるところだ。

「硬枕」はネットで購入。「平床」は高いので買わず、どこかのサイトであったヨガマットで寝ても良し、としている。試し始めてもうすぐ丸3ヶ月になる。実は結構効果があった。背骨だが、使用前と使用後で写真を撮った。約2ヶ月くらいの使用で、大分まっすぐに近づいていた。妻も娘も見ているので、証明済みだ。不整脈といえば、これが大分ましになった。今までは頻繁に身体が揺れているかと勘違いするほどの不整脈だったが、それがだんだんとなくなり、今はあまり気がつかないくらいになっている。それでもまだ不整脈が感じ取れることがあるが、以前のように強いものではない。グルテンフリーだけでは変化が無かったが、西式療法は効果があったと認められる。

 

今も続行中。寝る前には「毛管運動」「金魚体操」だけは行ってから寝床に入っている。仕事がドライバーなので、背中が常に疲れているが、それも軽減されている。足のむくみには劇的な効果がある。

ごくたまにの更新なので申し訳ないが、暇な人は参考にしてほしい、

今後も検証は続く。

 

 

久しぶりに更新

かなり長いこと更新していなかったが、ただ単にめんどくさかったからだ。やはりなかなかブログを続けるというのはめんどくさいものだ。なにやら今月のPVが100を突破したとかなんとか。まあちょっと更新しようかと思う。

 

グルテンフリーは・・

小麦はいまだに絶っている。パンもスパゲッティもラーメンもうどんも・・食ってない。小麦をやめた理由は、たび重なる下痢に悩まされたから。その原因が小麦(もしくはグルテン)らしいと思い、やめたとたんに下痢は収まった。そのまま今日まで続いたわけだ。弁当を買ったり、お菓子を買ったりするときに、小麦が入っているかいないか、いちいち確認する。それがもう癖になった。小麦が入っている食品のなんと多いことか。入っていないものは必然的に米類、とうもろこし類になる。あとは肉。肉は鳥が安いので鶏肉を買っている。今のところ最安値はロピアのとある店舗で鶏肉が2kで598円くらいだったか。100gあたり約30円と破格の値段だ。もちろん国産。ロピアのどの店舗にもあるわけではない。また、豚肉に関しては、ロース、バラの細切れ肉が号外品として89円/100gで売っている。これも違う店舗だ。細切れは普通、肩、肩ロース、モモなどの割と肉質の固い部分のものが多いが、この号外品はロースとバラ。やわらかいし食べやすい。うまいよ。節約生活も続けているというわけだ。

 

今後も

更新はたまにしようかと思う。結構見てくれている人がいるのだなあと、感心してしまう。こんな記事なので、暇つぶしくらいにしかならないだろう。それはもったいないが・・。さて、998円/1.8Lで買った麦焼酎「ささいなた」でも飲むかなあ・・。

 

 

広告を非表示にする

結構続けられるもんだ

グルテンフリーを続けて今日でちょうど4週目。次の日曜日で1ヶ月目。結構続けられるものだと思った。小麦が入っていない食品やメニューをいちいちチェックしないといけないのが面倒だし、外食に出ると、食べられないものが結構あることに気づく。世の中小麦だらけだ。これも何かの策略か?そういえば、最近は米でもアレルギーが出てきたようだ。コシヒカリアレルギーなるものが出てきたということを知人から聞いたことがある。うまい米を作ろうと品種改良を続けた結果、安全性が置き去りにされているということなのだろうか。うまくなればなるほど人間の身体は受け付けない、というのも面白い。今まで自然界に無かったもの、人類が誕生して、一度も口にしていないものを食べているからだろう。ちょっと考えると危険だとわかることだ。米も食えなくなる日が来るのか・・。心配だ。

 

身体の調子は

これが結構良い。下痢は今のところない。食パンがメインで食べていたころは、ほぼ毎日が下痢三昧だったことを考えると、やはり原因は小麦だとしか思えない。ちなみにビールは飲んでいる。私の好きなサントリープレミアムモルツだ。1本しか飲まないが、下痢にはならない。グルテンが含まれているということだが、大丈夫のようだ。発酵過程で変質でもしているのだろうか。ビールが飲めることは嬉しいことだ。ちなみに言うと、酒も控えている。3日間飲まないと、目覚めもよく、一日調子が良いことがわかった。仕事が肉体労働なので、これはとても良い。酒を飲むのは土曜日の夜だけになった。私は40代後半だのだが、年を考えるといろいろと節制しなければいけないのだろう。若いときは全く気にしていなかったことだが、肝臓も休めないといけないなと思った。

さらに検証は続く。

 

 

変えました

不食」を「グルテンフリー」に変更しました。

今は不食には取り組んでいない。理由は以前述べたとおりで、強烈な飢餓感、ひどい不整脈、めまい、だるさ等、普通の生活を送ることが困難となったからだ。やはりいきなり食べない、というのはかなり厳しいということだろう。また、サンドイッチやラーメンを食べると下痢をするようになったことから、いろいろと調べた結果、小麦アレルギーではないか、と疑うようになった。そこでグルテンフリーの発見に至った。小麦を絶つだけなので、不食よりははるかにやさしい。比較的やさしい程度のアレルギーなので、しょうゆの原材料に含まれる小麦とか、軽いものには反応しないようだ。パン、麺類、ビスケットやクッキー等のお菓子類、小麦の入っていないものを探すのも結構大変だ。それだけ小麦がいろんなものに入っているということだ。それだけではない。加工でんぷん、蛋白加水分解物、などの原材料にも小麦は入っていることがあるので、完全なグルテンフリーを目指す人はかなり苦労するだろう。

 

超節約生活は?

超がつくほどの節約生活が出来ているとは思えない。パンとラーメン、うどんが食べられないということは、それだけで節約できていないことになる。最も単価が安く、比較的量も多い食材だっただけに、それが食べられないのは残念だ。超を取って節約生活とした。だが、そんな状況でも何とか安く済ませようと思っている。実はナッツ類を買った。ネットで安値を探して買った。クルミ、アーモンド、カシューナッツだ。どれも食塩、植物油無添加である。つまりそのままのもの。ためしに、業務スーパーで無添加のクルミがあったので購入。仕事に持っていき、朝食や昼食の一部として食べてみた。これが結構いける。うまい。食べる量もそんなに多くない。なぜなら灰汁が少々強く、口の中が渋くなってくる。それ以上食べる量は増えない。これはなかなか良い。菓子類を買って食べると、一袋全て食べてしまう。とまらないのだ。だがクルミはストップがかかる。大変良い。明日の仕事には、クルミ、アーモンド、カシューナッツを持っていき、どうなるか試してみようとおもう。これがうまくいきそうだったら、炭水化物を減らそうと思っている。今はご飯を主食にしているので、これを減らしていければと思っている。理由はまた述べる。

試行錯誤は続く。

広告を非表示にする

小麦排除から1週間たった

先週からグルテンフリーを突如開始した。

そして1週間が経った。昨日は私の武術会派の稽古日なので、夜10時まで教えているが、指導者である私が仕事の都合上、9時にあがる。そこから家に帰って風呂に入り、歯を磨いて明日の準備をして、床に就くのが10:30。そして1:30起床。睡眠時間3時間である。そして今。確かに身体は疲れているのだがいつもと違う。割と元気なのである。なんだろう。以前なら、それこそ1週間前までなら、疲れ果てて気力もうせていた。何もする気がしなかった。立ち上がることさえ億劫だった。身体に鞭打って日々の稽古をしていた。稽古日の翌日である木曜日はなおさらだ。睡眠時間3時間なので、帰ってきたら飯食ってすぐに昼寝のはず。ところが今日は元気だ。身体は疲れて背中が痛い。でも気力がある。

 

食物消化は最大のエネルギー問題

食べ物を食べてそれを消化する。そのときのエネルギーはかなりのものらしい。つまり、食べるだけでエネルギーを使う。エネルギーを取り入れたいのにエネルギーを使ってしまうのだ。しかしこれも少し前の知識。今は違うようだ。消化に費やされるエネルギーよりももっと深刻なのは、エネルギーになると思って食べている炭水化物系統は、大したエネルギーになっていないということらしい。むしろ肉を食ったほうが良いようだ。説明は面倒なので「グルテンフリーと糖質制限」で検索して調べてもらいたい。また、脳のエネルギーはブドウ糖だと思っていた。だから炭水化物系統を食べると頭が良く働くと勝手に思っていた。甘いものを食べると頭がよく働くと勝手に思い込んでいた。だが実は間違いだった。コレステロールが肥満の原因だっだ時代の知識だ(コレステロールは肥満となんら関係は無いらしい)。今となっては大間違い。

 

全ては下痢から始まった

下痢が続いたことからその原因を調べていくうちに行き着いたグルテンフリーだが、効果を発揮し始めたのだろうか。肉体労働なので背中が疲れて痛みがあるが、気力は充実。まだまだ動ける。これからいつもの稽古を始める。気合もいらない。ちなみに睡眠時間3時間だったが眠くない。これは果たしてグルテンフリーの効果なのだろうか。私の場合、グルテンフリーとは言っても、そんなに厳密ではない。ビールは飲んでいるが下痢にならないし、コンビニでおにぎりを買うとき、裏を見て「原材料に一部、小麦を含む」と書いてあっても食べている(たぶん醤油くらいのもんだろう)。アレルギー症状も激しいものではないようだ。明らかに小麦が主原料の食べ物はやめているといった程度。菓子類にいたっても、ビスケットやクッキー、かりんとう等食べていない。例えば、昨日の夕食は、私以外はカレーを食べていた。市販のカレールーには小麦が使われているから、妻が気を利かせてクミンシードの香りが利いたスープを作ってくれた。要は小麦が多く含まれている食べ物を食べない、ということ。グルテンフリーを続ければもっと調子が良くなるかもしれない。以降、検証は続く。

グルテンフリーだったのか・・!?

不食は無理なのか。

前回の記事で、不食にはしばらく挑戦しない、と書いた。なぜなら、飢餓感、強烈な不整脈、めまい、身体の著しいだるさ等、百害あって一利なしといったような状態に見舞われたからだ。不食をすると、最初の3ヶ月間はかなり厳しい、と書いてあったが、これは厳しいというよりは、通常の生活が送れない。不食は考えないようにして、今は良く食べようということで、スーパーでの最安値リサーチをして安く上げていたところだった。ところが・・、

 

原因は全く別なところかも知れない。

最近、朝と昼は家から持ってきたサンドイッチを食べていた。業務スーパーで8枚切食パン71円とジャムをかって、一食辺り100円以下で済ませていた。そんな生活が1ヶ月くらい続いただろうか。私はトラックドライバーなのだが、移動中に朝飯をすませ、会社に帰ってくると、急に腹が差し込ん来て下痢をするようになった。ほぼ同じ時間に下痢がやってくる。このところの暑さで布団をかぶらずに寝ていたから腹でも冷やしたのだろうか?と思いながらも、その後下痢はちょくちょくやって来た。昼食べた後にもよく下痢になった。早上がりのときは家でラーメン(業務スーパーで購入)やうどん等の麺類を食べていたが、やはり食後、割と早く下痢がくる。おかしいなと思い、いろいろと調べているうちに「グルテンフリーと糖質制限」を推奨するサイトにたどり着いた。詳しく書くと大変長くなるので、グルテンフリーと糖質制限」で勝手に検索してもらいたい。大体トップに出てくる。要約すると、「私の腹痛の原因は、小麦アレルギーか、グルテンアレルギーかもしれない。それだけではなく、めまいや不整脈等も原因はこれかもしれない。さらには、不食が出来ず断念した理由もここにあるかもしれない。」というものだ。

安さを追求した結果、パンや麺類がもっとも良いと出たのだが、全て小麦粉が原料だ。下痢になり始めた時期とも重なる。不食のときの飢餓感は小麦(広義には糖質)を絶ったための禁断症状だった可能性が出てきた。食事の代わりにお菓子もかなり食べていたが、それも小麦が原料のスナック菓子が多い。思い当たる節が多々ある。もはや試さずにはいられなかった。

 

グルテンフリーを開始する。

ということで、グルテンフリーな食事をやってみようと思い立った。そして今日が初日。昨日思い立って急にはじめたので、朝飯の用意はなかった。コンビニでソイジョイ1本と100円のコンビニコーヒーで間に合わせた。昼は家でご飯、味噌汁、納豆、かぼちゃの煮物だった。夜もグルテンフリーのものになる。今後の身体の変化が楽しみだ。

グルテンフリーを始めるもので、糖質制限やダイエットはしない。私は痩せ型で、どちらかというと病人のように見えるらしい(疲れてくると今でもそうらしい・・)。これ以上痩せるのは勘弁してほしいくらいだ。グルテンフリー食の良いところは、小麦だけ排除すればよい、というところ。つまり、白飯、肉、魚、芋類、酒(ビールは除く)は制限されない。普通に小麦粉のパンはダメだが、グルテンフリーの米粉パンはOK。最近はグルテンフリーの食材も売っているので、ホットケーキミックスなんかもある。食費が高くつく可能性はある。だが、腹痛&下痢 よりはましだ。しかも、かなり健康体になるということだ。不食を始めようと思ったきっかけは、食費の制限だけではなく、超健康体になれるかも知れないという期待感からだった。グルテンフリーもその目的に沿うものだ。かの有名なテニスプレイヤー、ジョコビッチ氏もグルテンフリーを実践している。リオオリンピックの日本選手団の旗手に選ばれた右代啓祐氏もグルテンフリーを実践し「生まれ変わったようだ」といっている。これはもうやるしかない。

 

小麦を食べない。

小麦を食べないということは、私の大好きなパスタ、そうめん、ラーメン等の麺類が食べられないということだ。米が原料をフォーや、ビーフン、緑豆とイモ類などのでんぷんが原料の春雨はOKだ。たこ焼きもダメ。お好み焼きもダメ。代替食品で何とかしたいと思う。クックパッドで検索すると、かなりいろいろと出てくるので頼もしい限りだ。だが、どちらかというと、3大栄養素のひとつである穀物をやめようといったかんじになってくるだろう。おととい下痢をしていたときに、「もしかしたら、人類はまだ穀物(炭水化物)を上手にエネルギーに変換することは出来ていないのではないか?」とふっと思った。米を主食にしたのはどんなにさかのぼっても弥生時代からではないか。人間がもともと持っている遺伝子に対して、穀物の消化という機能は、あまり発達していないのではないか?と考えたわけだ。この答えはすぐに出た。グルテンフリーと糖質制限」で検索していただければ出てくるが、全く同じことが書いてあった。やはりそうか!これからは肉だな。魚だな。野菜だな。ナッツだな。以後、まずは続けてみようと思う。問題は金策くらいか。