糖質制限とグルテンフリーと節約生活

いろいろと試してみたくなり、こんな事をやり出しました。。

最終回

さて、

次回から別の検証に取り掛かろうと思うのだが、これはここのブログとは全く違う内容なので、ここでは取り扱わないことにした。タイトルどおり、「糖質制限グルテンフリーと節約生活」なので、これとは全く違う内容ということだ。糖質制限も終わったし、グルテンフリーは今も続けているし、節約生活は当然のことだ。

さて、次に取り組むお題は「武術」になる。私は武術歴は20年を超えているが、約3年前から習い始めた太極拳で大きな転換期を迎えた。

 

今までやってきた

武術は、古流剣術、古流柔術沖縄空手、そしてこの太極拳となる。空手と柔術については教えている。太極拳を習い始めたきっかけは、古流柔術の内容になんだか満足がいかなかったからだ。柔術は古来「やわら」と呼ばれていて、その名の通りやわらかい動きのはずだ。しかし私のやっている古流柔術はそんなにやわらかくない。優良門派といえばそうなのだが、型稽古にしてもなんだか腑に落ちないことが多い。そこで太極拳なら何か良いヒントがあるのではないかという全くの直感で、誰かいないかなあ、と探していたところ、今の先生に行き着いたのだった。

 

そこで体験したことは、

全くの技のレベルの違いだった。これぞ本物の「やわら」と言うほどの力感のない技。そして自分が出来たときの力感のなさ。今までやってきた古流柔術は、これに比べるとあきらかに「剛術」である。考え方や身体使いが全く違う。本当の意味で「力を使わない」のである。ほとんど「何もしない」に近い。緩めるとはいっても、ここまでとは全く考えもしなかったのだった。私の稽古生の一人も習い始めたのだが、彼は大東流合気柔術の有名な先生のところへも掛け持ちしていたのだが、辞めてしまったほどだった。彼曰く、大東流以上の技、と言うことだが、太極拳の先生が言うには、もともと大東流がこういった技だった、と言うことだった。つまり、いまやこういった技が出来る人がほとんどいない、と言うことであろう。

 

これから取り組む内容とは、

つまり、「緩む」である。如何に「何もしないか」である。今まででは力を入れることしか考えていなかった。どちらの方向に、どれくらいの力をかけるか、それがどれくらい小さくて済むか、といった考えである。だがこれからは、以下に力を抜いていくか、入れた力をどのように緩めていくか、である。これらはもちろん教わっているのだが、出来て初めて「理解した」と言える。やられた感覚は、自分が勝手に崩れていっている、としか言いようがない。いつ崩されたかも分からない。力感がないのだからしょうがない。それらも教えてもらっているのである程度は出来るようになったのだが、すぐに元に戻ってしまう。先生が言うには「学校の体育の授業で本来備わっている身体の動きが壊されてしまっている」のだそうで、これについては私も納得できるようになった。今まで積み重ねてきたことが全く通用せず、だが、今まで積み重ねてきたからこそ、今習っていることのすごさが分かるのだと思う。全く新しい道への一歩だ。

 

太極拳を習い始めて

3年目に入っているのだが、ここまで理解できたのがつい最近のことだ。先生に言わせれば「とても早い」と言うことなので、それが救いだ。なにしろ私もアラ50代である。先生との出会いが遅すぎた感もあるが、先生と出会う前までにここまで身につけていなければ、先生の凄さもわからなかっただろうし、説明も理解できなかったと思う。やはり自分のレベルにふさわしい時期に出会うように、人生できているのだろうか。

 

と言うことで最終回。

タイトルと今後の内容が全く一致しなくなるので、このブログはこれにて最終回となる。新規にブログを立ち上げ、新しくスタートすることにしたが、ここからのリンクやお知らせは一切しない。武術や格闘技のカテゴリーにするかどうかも分からない。縁があって、再び出会うことがあればまた読んでください。

今の私にとって「緩む」とか「何もしない」と言うことが人生の「それ」に当てはまっているような気がする。

人生の「それ」はもしかしたら、自由に生きることかもしれない、好きなことをすることかもしれない、嫌なことを辞めることかもしれない、がんばらないことかもしれない、努力しないことかもしれない、我慢しないことかもしれない、わがままに生きることかもしれない。なんだかいろいろと思うところがある。

「緩む・何もしない」というのは武術のことだけに限らず生き方のことでもあり、本来ヒトはそのように生きることで何の苦労もなく幸せになれるのではないだろうか、と思う今日この頃である。

 

それでは皆さん、これにてさようなら!

 

検証終了。

検証終了・・

しばらく

糖質制限を続けてきたが、終了とあいなった。理由は2つ。一つ目は節約にならなかったこと。もう一つ目は身体がついていかなかったこと。ごはん等の主食を食べないということなので、どうしても食べる量が減る。食べたかったらおかずを増やすしかないのだが、そうなると食費が増す。糖質制限を続けていくと食べる量が減ってくる、ということだったが、そこまで来る前にお金が続かない。おかずのほうが高くつくことは皆さんもよくわかっていることだろう。なんとかいろいろと工夫をして食べてきたのだが、全く力が出なくなり、仕事のときにはフラフラになりながら力仕事をしていた。私の仕事はドライバーなのだが、荷積み、荷卸しのときは力仕事になる。もちろん、運転中は自律神経(交感神経)をずっと起動中なので、もちろん疲れてくるし眠気も襲ってくる。キヌアを食べていたが、これでは全く足りない。お金も少々掛かることが分かってきた。とにかく力が出ない。食べたいがそこまでお金がない。我慢して仕事する。ふらふらになる。事務所の階段を上ることさえかなり苦痛だ。顔がげっそりし、妻も心配する。子供たちも不安になる。

 

結局これは、

金持ちが取り組むものか、どうしてもダイエットしたい人が何とかして取り組むものなのだろうか。インターネットで糖質制限の関連記事を読み漁っていたとき、ステーキをばかり食べて健康を害したということが書いてあったが、それってお金がないと出来ないことだ。私のように一食あたり300円以下で生活しているものにとっては、ステーキなど夢のまた夢である。また、それに取り組めるということが金持ちということだ。糖質制限で失敗する例がいくつか紹介されているものを読んでも、炭水化物を減らしたぶんだけおかずでカバーする、ようなことが書いてあるが、それもお金に余裕がないと出来ない。貧乏人にとって、糖質制限とはとり組みやすくても続けることが出来ないものであることを身をもって理解した次第だ。

 

さらに、

中野信子さんの著書「あなたの脳のしつけ方」を読んだときに参考になる文章があった。P.37に「ちょっと気をつけたいのが、低タンパク質ダイエットや糖質制限ダイエットです。低タンパク質ダイエットをするとトリプトファンが不足しがちですし、トリプトファンをはじめとするアミノ酸が筋肉に取り込まれるには炭水化物が必要なので、炭水化物を摂らないと、いくらトリプトファンを摂取しても身体に吸収されません。」とあった。トリプトファンとはセロトニンの原料となる必須アミノ酸セロトニンとは脳の神経伝達物質。これが不足すると精神のバランスを欠き、欝っぽくなることがあるらしい。この本を読んだことで、糖質制限をやめる決定打となった。

 

普通の食事に戻した

のだが、身体の調子はあっという間に戻り、力も湧いてきた。全ては元に戻った。糖質制限に取り組んだことで、いろいろと分かったことがあった。私は炭水化物=糖質=エネルギーと思っていたのだが、それは思い違いだったということだ。今までは腹が減ったら、エネルギーをとっていさえいれば何とか動ける、という理解だった。だから、安く済む大福や団子なども良く食べていた。夏の暑いときは、バニラモナカを結構食べていた。これもカロリーさえ摂っていれば何とか動ける、その場をしのげる、という考え方があったからだ。人間はカロリー(エネルギー)のみで動いているわけではない。身体を作っている構成要素のその多くはタンパク質と脂質だ。これをほとんど無視しカロリーばかり摂っていても身体が参ってしまうのは言うまでもない。さらに、糖質は摂取後すぐに血中のブドウ糖濃度を急激に上げ、それを下げるためにインスリンが大量に出て今度は一気に降下させる。血中のブドウ糖濃度が高すぎると毛細血管を傷める。いろいろと悪さをするようだ。安易に甘いものを食べれば良い、という考えがなくなった。

 

糖質制限中に

ごはんが食べられないのだから、何か別のものを食べようとこれまたいろいろと調べた結果、ピーナッツに行き着いた。初めは胡桃やアーモンドを食べていたが、値段が高い上になぜか便秘になるのでこれはやめた。ピーナッツは安価な上、たくさん食べるとお通じが良い。私は便秘気味なので、これは大変得をした気分だ。出すのに薬に頼ることなく、快調である。ピーナッツは今も食べている。飯の時には必ず食べている。バタピーも食べるが、生で買って素焼きにして食べているものもある。うまいので癖になり、なかなかとまらなくなるのだが、タンパク質も脂質も取れる。ちなみに、タンパク質が豊富な豆類は大豆かピーナッツ(落花生)のみ。大豆は遺伝子組み換えの問題もあり、ピーナッツになった。

 

というわけで、

糖質制限は検証終了。金が掛かるので貧乏人には向かないものであると結論付ける。

さてこの次は全く違うことを検証することになるのだが、続きは次回。

 

検証は続く。

 

 

結構大丈夫だな・・

新年そうそう

早速糖質制限とは全く正反対の朝食を取った。それは、もち、ゆであずき、生クリームを食べたことだ。生クリームは砂糖ではなく蜂蜜を使ったことでまあ良しとした。だがゆであずきはダメだろう。缶詰を買ってきたのだが、砂糖はばっちり入っていた。さらに餅だ。だがこれも体調の変化を見るための実験だといいわけしよう。生クリームとゆであずきの組み合わせは大好物だ。年に3回くらい(年末年始の時期、誕生日、あと1日どこかで)しか食べない。グルテンフリーを続けているのでケーキは食べない。糖質制限も始めたことで、これすら食べなくなるのかと思うと余計に食べたくなってきた。正月だからよしとしよう、ということで今朝食べた。

 

約2週間前から

実は米の飯は食っていない。朝はナッツインヨーグルト。昼は食べないか、豆腐1丁。夜はおかずと酒。っていう感じ。ごはんを食べずにどうすればよいかを考えながらすごしていたらこうなった。思い返せば米のごはんを食べていなかった。そんな感じだ。たぶんもうすぐ3週間たつ頃だろう。かみさんも米代が浮いてかなり助かっているようだ。今のところ、私が食べている糖質制限食よりも、米代のほうがお金がかかっていたようだ。今度はなかなかお米が減らないという。

 

このブログだが、

タイトルを変更した。「糖質制限」という言葉を増やした。厳密に言えば糖質制限グルテンフリーを含んでいる。小麦が穀類であり炭水化物だからだ。グルテンフリーにしてもよく続いていると思う。たまにクッキーや菓子を少量食べるが下痢にはならない。もしかしたらアレルギーではないのでは、と思っているが、小麦の害について本で知識を得ているので、今後とも主食として食べることはないし、食べたとしても極少量だろう。そしてなんと言っても「節約生活」に結びついていないと意味がない。糖質制限をすることで出費が増えては全くの意味がない。ごはんを食べないことでおかずを食べる量が増え、その結果食費が上がるのではと考えるのが普通だ。だが結果安くついている。

 

ごはんを食べていたときは

かなりの量(1合~1合半/1食)を食べていたが、それでも腹が減って仕方がなかった。しかも食べた後胸焼けはするし、かなりの眠気が襲ってくる。ごはんを食べなくなってからはそれが一気に解決した。私は仕事がドライバーなので、飯を食った後の眠気は大敵だ。高速道路では命取りになる。だが以前ほど眠くならなくなった。これは本にも書いてあったことだが、ここまで劇的に体感できるとやはり驚きだ。また、口内炎の直りがめちゃくちゃ早い。つい2日前、上唇を噛んだ。畜生!この年末にやっちまった・・、と思ったが3日経った現在、ほとんど治っている。いつもなら完治までに2週間弱掛かっていたところだ。痛くて結構悩まされていたのだが、3日でここまで治ったことなど今まで無かった。もうほとんど完治に近い。これも糖質制限の効果なのだろうか?

 

米は毒か

米だけでなく、植物は人間にとって本来は代替食品であって、常時食べるものではないのかもしれない。糖質は脳内のA10神経を刺激し、簡単に言えば麻薬をやったときと同じ神経回路ということらしい。つまり麻薬中毒と同じく、ごはん中毒パン中毒ということだ。麻薬はダメだが穀物は良い、というのもおかしい。脳内の反応は同じ。パンじゃないとダメ、ごはんが止められない、というヒトはようは中毒患者と一緒、ということか。人間が穀物を食べることを選択して1万年。その前の約700万年は穀物を食べていない。その悠久の歴史が遺伝子に書き込まれているとすれば、たかだか1万年の歴史なんて進化にすらならない。良くて、腸が植物を消化しやすいように長くなるといった変化くらいしか起きなかったのだろう。夏井睦さんの本に書いてあったことだが、私の実体験からも納得のいくことであった。

 

だがまだ、

糖質制限を初めてから1ヶ月未満。しかも私の糖質制限はかなり緩やかなもの(芋類、日本酒、米粉の食品、少量のお菓子類はOK)だ。続けるこつはあまりきついものにしないことだ。こんな緩い取り組みでも私の身体ではかなりの変化が起こった。はっきり言って、良い。続ける価値大だ。

新年のご挨拶に代えて。

 

検証は続く。

 

 

 

糖質制限を始めることになったが・・

糖質制限とは

ここで説明するのは面倒なので検索してください。私も風邪をきっかけに始めることになったが、たまたま本屋で見つけたある本がその元となった。それは「炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】~植物vsヒトの全人類史~ 夏井睦著」だ。本当にたまたまこのタイトルが目に入り、なかなか衝撃的なタイトルであったため手にとって読んでみたのだが、これがとても面白かった。そのときの私の体調に合わせているかのようなグッドタイミングの内容。早速やってみようと思ったわけだ。

 

ちなみに

小麦は現在食べていないことは以前からも書いている。グルテンフリーというヤツだ。まだちゃんとアレルギーチェックはしていないのだが、食パンやラーメンを食べて下痢をするくらいだからそうなのだろうと考えている。ちゃんと知るためにそのうち医者に行こうと思う。小麦と不整脈との関係はどうやら関係ないようだ。いまだに不整脈はある。結構頻繁にだ。

 

糖質制限だが、

どの程度までやるか、ということだが、いたって軽いものだ。糖質制限はもともとは糖尿病患者のための治療法として有効かつ患者にとっても負担の軽いものなので広まったようだが、私は糖尿病ではない。また、効果が目に見えてわかるほど痩せられるにもかかわらず炭水化物、糖質以外は酒でも何でもOKという気軽さから、ダイエット方法として広く認知されているが、私は痩せすぎでこれ以上痩せると命の危険に係る(←大げさ)。ということで、単純にごはんを食べない。砂糖はとらない。というだけのもの。

例えば、酒粕は完全に米だが、1年中食べるものではなく、この時期限定で甘酒として呑んでいるので、砂糖を蜂蜜に変えて呑んでいる。そんなに量は多くない。

料理の味付けで、みりんや砂糖を使っているものがあるが、それもOK。

毎食ではなく、夕食だけ実施。出来れば朝と昼も。きっちりとやるのではなく、けっこう緩めで。

とまあ、かなり軽いものだ。

 

さて今のところ・・

風邪も治り、腹も通常通り減るようになってきた。仕事も普通におこなっている。これだとごはんを食べないとかなりきつい。腹が減ってつらいのだ。なにか主食に変わるものを・・と思い、今いろいろと試行錯誤中だ。今現在では、豆腐、ナッツ類、ヨーグルトを試している。

豆腐は食べ応えがあり、腹にダイレクトにたまっていく感じがある。

ナッツ類は満足感が高いが、結構量を食べてしまい食費が掛かるかもしれない。

ヨーグルトは、マサイ族が主食としていることから食べているが、ヨーグルトだけだとなんとも頼りなく、腹もすぐに減ってくる。そこでナッツを入れて食べることで満足感を出した。これにドライフルーツを入れて少しだけ甘みを足してみようとおもう。ちなみにドライフルーツは本来食べてはいけないのだが、果糖(フルクトース)を多く含むため、食事後の血糖値が緩やかということで私はOKにしている。

 

まだ、

始まって3週間が経ったばかりだが、これが結構自分にあっていそうな気がする。酒がOKだが、日本酒や紹興酒がダメなのが残念だ。しかしこれもしょっちゅう呑むわけではない(1~3ヶ月に数日)ので、OKということにして、その他蒸留酒はガンガン呑んでいる(43度の泡盛ウイスキー等、黒糖焼酎)。なんとも良いではないか!

 

検証は続く

 

 

 

なんと・・。

久しぶりに

見てみたら、全く更新せず、以前の記事は294日もまえのことだった・・。

記事を書こう書こうと思いつつも、いろいろと試してはやめ、まとまった何かを書く気が無かった。だが、今書いているということは、書きたいことが出てきたから書こうとやっと重い腰を上げた、ということになる。

いったい何がそうさせたのか。

 

まずは今までの検証結果

まずは西式のうちの、硬枕。これは取りやめ。いくらやって大して効果ないと思う。首の痛みで夜中に目覚め、枕を変えて再び寝る、という繰り返し。それなら最初から普通の枕で寝ればよい、という結論に達した。それまで寝違えの首の痛みが頻繁に起こっていたが、横を向いて寝るということで解消された。横を向いて寝るときは、枕はだいたい肩の高さにしている。そば殻の枕なので、中身をうまく調節すれば可能である。仰向けで寝る場合は、枕なし。だが仰向けだとタンがのどに詰まって死にそうになることがしばしばあったため、これもなし。今は横向きで寝ることで、タンのつまりも、首の痛みも、肩の痛みも、全て解消された。

それから平床。これも骨盤(仙骨かな?)辺りの痛みで痺れが来る。これも却下した。

金魚体操と毛管運動。もうやっていない。明らかな効果があったが、今は必要なくなった。もっと大きな効果のあることを発見したからだ。

それは「休息」である。

なんだそんなこと、と思われるだろうが、本当に効果が抜群に良かった。太極拳の稽古を毎日していたのだが、それもやめ、寝る前のストレッチもやめ、何もせずにとにかく休む。練習も仕事もない日は、子供と遊ぶが程ほどにし、休息を多くとった。これだけだ。そうしたらいつの間にか、腕の痛みが消え稼動範囲が広がり、首のこりや身体の疲れもましになっていった。まあ、ただ単にオーバーワークだった、ということなのだろう。

 

以上で

検証が終了した。今までやってきた全てがもう必要ない、という結果となった。

そして、それが必要なくなった代わりに全く違ったことに取り組み始め、約2週間になろうとしている。きっかけは風邪を引いたことから始まる。

2週間前から引いていた風邪が急速に悪化し、12月6日にはかなり疲労感があった。翌日には熱が38度を超えた。熱はその日で下がり、翌々日は調子が悪いが仕事もし、土曜日の太極拳の稽古は休んだ。そのときに食欲がなかったため、ごはんが食べられず、大好きなコーヒーもほしくなかった。こんな状態が1週間続いた後、偶然に「糖質制限」に関する本を読んだ。ここから私の取り組みが変わった。

 

検証は続く。

 

 

 

西式を続けて

半年かな。

西式を続けてそろそろ半年になる。ここらで感想を書いておこう。私がやっている西式は一部だけで、平床、硬枕、金魚体操、簡単毛管運動。金魚体操と毛管運動ははっきりとした効果があり、これについては前回の記事にも書いた。そこで平床と硬枕について書いていこう。

 

平床と硬枕

まず平床だが、今は寒くて一時休止している。私の部屋はフローリングだが、そこにヨガマットをしいて、さらにその上に毛布のような敷きパッドを敷いていたのだが、寒くてかなわない。また、寝返りをうって横になっていた場合、下になった肩が圧迫され、上になっている方の肩甲骨の内部に痛みが出来てしまい、これがどんな姿勢をしていても痛みがありイラつく。運転をしているときも痛い。普通に座っているときも痛い。何をしても痛いのだ。唯一寝ているときだけ痛みがない。昨年末から普通の敷布団に戻した。敷布団のおかげで、肩甲骨の内部の痛みは徐々になくなっていき、今はもう治ってしまった。また、床に寝るのはかなり身体が痛い。上に向いて寝ている場合、腰~仙骨に圧力があり、ここが痛くなる。ヨガマットを敷いていてもそうなのだ。まあ、敷布団に変えたため改善された。

 

硬枕

硬枕は併用している。敷布団に戻したが、硬枕を使用しているため、これまた寝返りをすると、首が寝違えたようになり、首の(特に大椎辺りと思われる)痛みはなくならない。寝返りをうてばまた痛みが発生する。完全に寝違えているのではなく、若干痛みを伴う寝違え程度(わかるかな?)なのだが、今現在もその状態。硬枕は寝返りをうたないらしいが、それはない。私の場合、寝始めてから2時間くらいで痛みで目が覚める。そのときは横に向いており、硬枕には頭が乗っているので、その頭のあたっているところの痛みと、首の痛みで目が覚めるのである。そこでまたちゃんと首に当てなおし、再度眠るが、また2時間くらいたつとまた寝返りをしているので、やはり痛みで目が覚める・・。この繰り返しだ。そこで1ヶ月前くらいから、目が覚めたときに、普通の枕に戻して寝ていた。果たしてこれで効果があるのだろうか・・・。そういえば、甲田光雄先生も硬枕になれるのに2年かかった、と何かで読んだ。2年かよ・・・。それは無理かな、と思った。

 

えっ・・?

つい先ほど、別の記事で西式の初期の頃の内容が書いてあった。どうやら一晩中硬枕で寝る必要は無いようだ。1時間くらいでよいらしい。なんだ。それならOKだな。ということで、早速今晩から始めようと思う。敷布団で硬枕。寝返りで目が覚めたら普通の枕にチェンジ。その後はそのまま就寝。寒いうちはこれでいこう。

 

検証は続く。

 

 

 

不整脈との関係は?

グルテンフリー続行中

グルテンフリーを続けている。身体の不調をなくしたいために、グルテンもその原因のひとつかと思い、やめたわけであるが、主な体調の変化といえば、下痢をしなくなったことぐらいだ。目覚めがよいのは、酒を飲まなかったからであり、次の日の体調が良いのは、早く寝たり、疲れたときは早く休むようにしたからである。なんだか普通で申し訳ないが、それくらいしか思い当たらない。もうひとつの不調は不整脈である。

 

不整脈

不整脈はもう10年くらいの付き合いだ。2年前くらいからひどくなってきた。「地震か!?」と思うと、自分が揺れていたりする。不整脈が強く現れるとき、心臓の鼓動に合わせて体が揺れているように感じる。少々息苦しい。ほぼ一日中、不整脈だ。この前の会社の健康診断でも指摘された。私のは心房細動というらしい。心臓そのものに欠陥は無く、心臓を取り巻く周辺神経が異常なパルスを出している、そんな感じなのだろう。その神経を焼き切ることで直るということだった。手術をしたくない私はなにか治療法方は無いものかと探っていたら、脊椎のゆがみに突き当たった。脊椎のゆがみが万病の元ということらしい。私の背骨は実はゆがんでいる。誰が見てすぐにわかるくらいにゆがんでいるのだが、医者としては問題ない範囲だそうだ。だが、不整脈と背骨のゆがみを考えると、原因はこれかと疑いたくなる。では背骨のゆがみを直すにはどうすればよいのか、とまた探ってみると、今度は西式療法に行き着いた。西式療法とは何かという説明は省く。それぞれ検索してみてほしい。たくさん出てくる。

 

西式療法を始める

というわけで、今は西式療法の「硬枕」と「平床」に取り組んでいるところだ。

「硬枕」はネットで購入。「平床」は高いので買わず、どこかのサイトであったヨガマットで寝ても良し、としている。試し始めてもうすぐ丸3ヶ月になる。実は結構効果があった。背骨だが、使用前と使用後で写真を撮った。約2ヶ月くらいの使用で、大分まっすぐに近づいていた。妻も娘も見ているので、証明済みだ。不整脈といえば、これが大分ましになった。今までは頻繁に身体が揺れているかと勘違いするほどの不整脈だったが、それがだんだんとなくなり、今はあまり気がつかないくらいになっている。それでもまだ不整脈が感じ取れることがあるが、以前のように強いものではない。グルテンフリーだけでは変化が無かったが、西式療法は効果があったと認められる。

 

今も続行中。寝る前には「毛管運動」「金魚体操」だけは行ってから寝床に入っている。仕事がドライバーなので、背中が常に疲れているが、それも軽減されている。足のむくみには劇的な効果がある。

ごくたまにの更新なので申し訳ないが、暇な人は参考にしてほしい、

今後も検証は続く。