グルテンフリーと節約生活

いろいろと試してみたくなり、こんな事をやり出しました。。

食べなくても生きていける

今朝、お通じは良かったと思う。

私は便秘気味だ。

いつもはマグネシア(水酸化マグネシウム)を飲んでいる。これはとてもよく効いて、調節も簡単だ。オオバコダイエットは、食物繊維ということなので、これならマグネシアを買わなくても良いかと思った。節約にもなる。ただ、注意書きに、水を多めに取らないと、便秘になると書いてある。

気をつけよう。

 

そもそも、どうして不食を始めるのか、ということだが、私はダイエット目的ではないい。痩せやすい体質らしく仕事が忙しくて食べなかったりすると、体重はすぐに減る。現在、不動産屋の売買仲介営業なのだが、この仕事になってから体重を維持するのに努めて食べなければならない。私は身長173cm、体重は62k。60kを下回ると、ふらふらしてくる。力も出なくなる感じで、疲れやすくなる。せめて60kは維持しなければと思い、3食食べるようにしている。もちろん腹も減るので食べたいのだが、仕事の関係上、食べ損ねることが多い。これが困ったところだ。

偶然見つけた記事に「食べない人たち」という本が紹介されていたので、これは・・!?と思い、購入。

【2014年最高の奇書】不食のすすめ。 - いばや通信

人間はどうやら食べなくても生きていけるらしい。水も飲まない人もいるらしい。不食を実践することで、若返るし、体力も上がる、集中力も上がる、といいことずくめだ。と思った。

 

実は昨年12月から反響が減り、お客があまり取れなくなった。今年に入っても続き、1月、2月と契約数は1本ずつだった。不動産の繁忙期は1月~3月末までだが、この反響数だと確実に死に至る。ということで、2月の半ばからすでに転職活動に入っていた。

1月、2月、3月と月収は20万円を大きく切り、蓄えを使い果たした。はっきり言ってマズイ。これはマズイ。休みの日は面接を入れまくり、次の仕事を探した。金が無いとき、やることはただひとつ。飯代をけずることだ。朝は家で食べ、昼は弁当を持っていくので、夜を削った。腹が減ったときはブラックサンダー2個かってしのいだ。それでは腹が減ってたまらん。そうだ。業務スーパーに行ってみよう。あそこなら安い何かがあるはず・・。スニッカーズのパチもんみたいなチョコバーがあり、さらにシリアルバーなるものがあった。2つ買っても100円くらい。しばらくはこれで何とかしよう。

 

・・とまあ、こんな状態だったので、食べなくても生きていけるなんて、これはスゴイ!と思ったわけです。