糖質制限とグルテンフリーと節約生活

いろいろと試してみたくなり、こんな事をやり出しました。。

なんと・・。

久しぶりに

見てみたら、全く更新せず、以前の記事は294日もまえのことだった・・。

記事を書こう書こうと思いつつも、いろいろと試してはやめ、まとまった何かを書く気が無かった。だが、今書いているということは、書きたいことが出てきたから書こうとやっと重い腰を上げた、ということになる。

いったい何がそうさせたのか。

 

まずは今までの検証結果

まずは西式のうちの、硬枕。これは取りやめ。いくらやって大して効果ないと思う。首の痛みで夜中に目覚め、枕を変えて再び寝る、という繰り返し。それなら最初から普通の枕で寝ればよい、という結論に達した。それまで寝違えの首の痛みが頻繁に起こっていたが、横を向いて寝るということで解消された。横を向いて寝るときは、枕はだいたい肩の高さにしている。そば殻の枕なので、中身をうまく調節すれば可能である。仰向けで寝る場合は、枕なし。だが仰向けだとタンがのどに詰まって死にそうになることがしばしばあったため、これもなし。今は横向きで寝ることで、タンのつまりも、首の痛みも、肩の痛みも、全て解消された。

それから平床。これも骨盤(仙骨かな?)辺りの痛みで痺れが来る。これも却下した。

金魚体操と毛管運動。もうやっていない。明らかな効果があったが、今は必要なくなった。もっと大きな効果のあることを発見したからだ。

それは「休息」である。

なんだそんなこと、と思われるだろうが、本当に効果が抜群に良かった。太極拳の稽古を毎日していたのだが、それもやめ、寝る前のストレッチもやめ、何もせずにとにかく休む。練習も仕事もない日は、子供と遊ぶが程ほどにし、休息を多くとった。これだけだ。そうしたらいつの間にか、腕の痛みが消え稼動範囲が広がり、首のこりや身体の疲れもましになっていった。まあ、ただ単にオーバーワークだった、ということなのだろう。

 

以上で

検証が終了した。今までやってきた全てがもう必要ない、という結果となった。

そして、それが必要なくなった代わりに全く違ったことに取り組み始め、約2週間になろうとしている。きっかけは風邪を引いたことから始まる。

2週間前から引いていた風邪が急速に悪化し、12月6日にはかなり疲労感があった。翌日には熱が38度を超えた。熱はその日で下がり、翌々日は調子が悪いが仕事もし、土曜日の太極拳の稽古は休んだ。そのときに食欲がなかったため、ごはんが食べられず、大好きなコーヒーもほしくなかった。こんな状態が1週間続いた後、偶然に「糖質制限」に関する本を読んだ。ここから私の取り組みが変わった。

 

検証は続く。